着物着付け教室の青山きもの学院 トップページ > 師範科カリキュラムと費用

コース紹介・受講料 本科カリキュラムと費用 研究科カリキュラムと費用 師範科カリキュラムと費用 高等師範科カリキュラムと費用 実践科カリキュラムと費用 復習コース・茶道教室 和裁教室 認可教室支援制度 青山華の会
講師紹介 生徒の声 出張着付け 和裁教室 着物のたたみ方 オリジナルDVD

着物着付け 師範科

本科、研究科で習得した基本的な着付けと帯結びを確立すると共に、さまざまな変わり結びから、花嫁の着付けに至るまで、お相手の方への着せ方が習得できるコースです。カリキュラムには、きものコンサルタント資格試験の日程が組まれており、試験にむけて練習することで、着付けの技術は著しく上達します。

また、着付けのほかに着物や帯に関わる知識についても、さまざまな角度から取りあげています。1年間(夜間は2年間)お付き合いするクラスメートや講師とは、着物を通じて心豊かなお付き合いができることでしょう。

カリキュラム<実技>

  • ふだん着の着付け研究
    (半幅帯バリエーション・お太鼓の研究・変わり太鼓・銀座結びと 変わり銀座結び)
  • たれものの着付け研究(かたつむり・花すすき・二重太鼓)
  • 喪服の着付け研究(お太鼓)
  • 留め袖の着付け 着方の研究(二重太鼓とふたえ太鼓)
  • 留め袖の着付け 着せ方の研究
    (二重太鼓・青梅波・扇太鼓・福寿草)
  • 振り袖の着付け研究
    (雪割草・文庫と変わり文庫・花立矢・二枚扇)
  • 女物袴の着装
  • 男物の着付け研究
  • 七五三の着付け研究(小菊結び)
  • 社交着の着せ方
  • 花嫁の着付け研究、お色直し
  • 名古屋帯の結び方(お太鼓結び)【資格認定試験に向けての練習】
  • 袋帯の結び方(二重太鼓)【資格認定試験に向けての練習】

カリキュラム <講義>

  • きものの名称
  • きものの種類
  • きもののマナー
  • 織りと染めの知識
  • 手描染めと型染めのいろいろ
  • 着物の産地
  • 絹糸の話
  • きものの歴史
  • 社交着とその調和美
  • 式服と略礼装とその調和美
  • 単衣の着物とその調和美
  • 家紋について
  • 文様の話
  • 帯の話
  • 男物の知識
  • 子どものきものについて
  • 喪服着用時のしきたり
  • 講師としての心得
  • 衣装計画
  • 絞りについて
  • きものショーの進め方
  • 産地見学会(横浜シルクセンター、京友禅と西陣織、結城紬)
  • 羽織とコートについて
  • 下着と小物について

費用と期間

コース名 師範科(昼) 師範科(夜)
入学金 10,800円 10,800円
月謝 16,200円 8,100円
教本代 2,700円 2,700円
期間 週1回/4時間 1年(48回) 週1回/2時間 2年(96回)
備考 (社)全日本きもの振興会 きものコンサルタント資格試験についての費用は別途かかります。
まずは見学も可能!見学のご予約はこちら 入学お申し込み
このページの先頭へ